MacPortsのインストール手順

MacPortsは、パッケージ管理ソフトで、Unix(FreeBSD)のportsを、
MacOSXでも実現できるコマンドラインツール。
これを利用することで、簡単にパッケージの導入が可能になる。
RedHat系でいえばyum。Debian系ならapt-getといったところ。

具体的には、先日書いたGitやVimなどのソフトウェアを簡単にインストールできる。
このMacPortsのインストール手順は下記の通り。

1) MacPortsをダウンロード

http://distfiles.macports.org/MacPorts/
上記から今回は、MacPorts-1.9.1-10.6-SnowLeopard.dmgをダウンロード。

2) pkgインストール

dmg内のpkgを実行して、GUIウィザードに従いインストールする。

3) 環境変数の追加

MacPortsは、/opt/local配下にインストールされる。
従って、下記のように、/opt/localにパスを通し、portコマンドを利用できるようにしておく。

$ export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin/:$PATH
$ export MANPATH=/opt/local/man:$MANPATH
$ cat ~/.bash_profile   ・・・確認

4) MacPortsのアップデート

最後に、MacPorts本体を最新版に、それからソフトウェア一覧も更新しておく。

$ sudo port -d selfupdate
$ sudo port -d sync

これにて、portコマンドにて様々なソフトウェアがインストールできるようになる。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>